大濠公園(くじら公園)の遊具・どのようなすべり台がいくつあるの?

DSC00178

大きなお椀をさかさまにしたような遊具です。
なかが空洞になっています。
コンクリート製のゆるやかな丸い形をしている外かべは
青い色が塗られています。
子供たちがのぼったり、すべったりして、塗装がはげているところがありますが、
長年子供たちに気に入られてきたことは間違いないようです。
ドームの中は、砂場になっています。
中に入る入口は3か所あって、かまぼこのような形をしています。
入口の高さは、大人の腰くらいですが、中に入ると中心部は大人でもほとんど立つことができるくらいです。
ドームの中心に穴が開いていて、そこに下からてっぺんまでよじのぼれるように、青い鉄製のはしごのようなものがあります。
窓のような丸い穴が、6か所にあります。
それでも、ドームの内側は、薄暗いので、子供たちは秘密基地作りに夢中になりますよ。
かくれんぼしている子供たちもよく見かけます。
幼稚園児になれば、てっぺんまで楽にのぼれると思います。

DSC00177

すべり台が4つある複合遊具があります。
赤く見えるところがすべり台です。
子供がすべるときは上手に着地できるかどうかが一番心配ですよね。
すべり台の着地するところの、すべり台から地面までの高さをはかってみました。
・いちばん左側の、すべり台の着地するところの、すべり台から地面までの高さは、23センチです。
途中で一度傾斜が緩やかになるので、あまりスピードが出ないです。
・左から2番目に見えるすべり台は、短くて幅が広いです。
着地するところのすべり台から地面までの高さは、20センチです。
かなり小さい子供でも大丈夫です。
・右側のすべり台は、まわりながらすべるようになっています。
着地するところのすべり台から地面までの高さは、36センチです。
・右から2番目のすべり台は、トンネル状になっています。
着地するところのすべり台から地面までの高さは、38センチです。

右側の二つのすべり台は、すくし大きい子向きですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする