敏感肌用の白髪染め

敏感肌(髪や地肌のダメージが気になるほう)ですね!
あなたへの質問です。この質問に答えていただくと、おすすめの白髪染めが見つかります!

白髪染めシミュレーション

【敏感肌の方への質問】
白髪染めにかかる時間やコスト(お金)を節約したいですか?

 

YESの方はこちら

 

NOの方はこちら

白髪染めを選ぶ時

今まで何かにかぶれた経験があったり、アレルギー反応があったりすると白髪染めの成分や安全性が気になりますよね。自分がそうでなくても家族の中に何かのアレルギーがある人がいると、どうしても慎重になってしまうものです。

敏感肌と普通肌の境目は?

たくさんの人がアレルギーに悩んでいます。1年を通してアレルギー症状が出る方もいます。花粉アレルギーは有名ですが、杉やヒノキの花粉だけでなく、様々なものがアレルゲンになっていることもあるそうです。その中には精神的ストレスや、体調不良や、過労などもあるので、何が原因でアレルギー症状が出ているのか自分でも判断できないことがあります。
普通肌だと思っていても、いつもと違うと感じたら、皮膚が敏感になっているかもしれません。季節が変わって突然寒くなったりすると、口の周りがかさついたり、肌がつっぱたり、肌がカサカサになって粉をふいたりして来たら、肌が敏感になっている証拠かもしれません。
「季節の変わり目だから」と考えて無視するのは危険です。外気の温度変化に対応できなくなって皮膚が敏感になることもあるからです。肌のバリア機能が低下すると、誰でも敏感肌になる可能性があるとも言えますので、そんな時は注意してください。肌が敏感になるとちょっとした刺激にも反応してしまい、トラブルを起こしやすくなります。
特に白髪染めなど、髪や地肌に直接塗布するものは気をつけましょう。

敏感肌の白髪染めなら

自分の肌質が敏感だとわかっている場合は、なるべくアレルギーのリスクが少ない白髪染めを選びましょう。美容室や市販の白髪染めには、酸化染料としてジアミンが含まれている場合が多いです。ジアミンは毎回パッチテストをしなくてはいけないくらい、かぶれや皮膚炎のリスクがある薬剤です。
その反面、ヘアマニキュアや白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントなどは、酸化染料が含まれていませんから、毛髪や地肌に優しい白髪染めと言えます。特にシャンプータイプやトリートメントタイプは、手袋もしないで素手で毎日使える、自然派の白髪染めなんです。
欠点は、1度ではしっかりと染まらないことです。個人差はありますが、トリートメントなら最初の3日間連続して使うと染まった実感があります。シャンプータイプなら、1週間から2週間くらいで徐々に染まっていきます。白髪の程度にもよりますが、ちらほら白髪の悩み解消にはそんなに時間はかからないでしょう。刺激臭がなく自宅の風呂場で髪色を染められるというメリットは大きいですね。白髪染めが面倒だという男性でも、根元や生え際の白髪をぼかす事が出来ますから、健康的な第一印象になります。
部分白髪を染めるなら、白髪染めトリートメントや白髪隠しが有効です。白髪隠しなら普段気になるところをさっとケアできて、その日にシャンプーしたら色味が落ちますから、いつでもどこでも気軽に携帯して使う事が出来ます。
アレルギーや皮膚炎の不安を解消するために、ノンジアミン、ノンシリコン、パラベン無添加など極力添加物を控えた白髪染めもたくさん販売されていますから、選択肢が増えて嬉しいですね。

敏感肌の白髪染め

すぐに染まるからいいとは限らない

白髪染めは長い年月使用するものですから慎重に選びたいですね。ただ安いからとか、早く染まるからという理由だけでお店の人にすすめられて購入することは避けましょう。すぐに劇的に髪色が変わって、色が長持ちするものが安全とは限りません。オシャレをするために白髪対策をしていても、体に害があっては本末転倒です。今使っているものも、今まで何の反応もなかったからと言って明日使うときにかぶれやかゆみが出ないとも限りません。予防の意味も含めて、これからの白髪染めについて考えてみてはいかがでしょうか?

【白髪染め豆知識】

白髪があっても素敵な人はたくさんいます。白髪が素敵だと感じる有名人のNO.1は、岩城滉一さんだそうです。これは男女共の意見でした。
ここで注目するべきことは、白髪があっても素敵な人ベスト5(男性の意見)のなかに、女性が1名も入っていないことです。白髪があっても素敵な人ベスト5(女性の意見)のなかには、女性名も多く見られます。これはどうしてなのでしょう。男性にとって女性の白髪とはどういうふうに映っているのでしょうか?

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。

関連ページ

ノーマル肌におすすめ
ノーマル肌(敏感肌でない)の人が白髪染めをする場合はどのような選択肢があるのでしょうか?髪や地肌の傷みがあまり気にならない方におすすめの白髪染め方法をご紹介いたします。
時間やコストの節約(普通肌)
普通肌の人のなかには、白髪染めの時間やコストを節約したい人はたくさんいらっしゃいます。そのような普通肌の人にはどのような白髪染め方法があるのかを調べてみました。
お金や時間は問題(敏感肌)
敏感肌の人で、白髪染めに時間やコスト(お金)をかけてもいいという方にはどのような白髪染め方法があるのでしょうか?コストや時間がかかっても敏感肌にダメージがない白髪染めを探してみました。