普通肌で時間やコストを節約したい人の白髪染め

【普通肌で時間やコストを節約したい人におすすめの白髪染め方法】
白髪染めの時間を節約するならすべてが入浴中に完了するコレ

白髪染め染めのコストをカットするなら、準備が必要ですがが1度でしっかり染まるコレ

  • 市販の白髪染めやおしゃれ染め
  • 市販のヘアマニキュア

普通肌(特に敏感肌と感じない)の人で、白髪染めの時間やコストを節約したい方には、美容室での白髪染めはおすすめしません。美容室での白髪染めより、自宅での白髪染めの方がコストも抑えられますし、好きな時間に白髪染めをする事が出来るので便利です。
アレルギーになるリスクはゼロではありませんが、使用前に毎回パッチテストをして、市販の白髪染めを使うことで、1度でしっかりと白髪を染める事が出来るでしょう。
ツンとしたニオイや頭皮の違和感を避けたいときには、敏感肌の人も使用できる白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントや市販のヘアマニキュアなどがおすすめです。

白髪染めを選ぶ時

おすすめの白髪染め方法

自宅で白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントを使う

時間を節約するなら、白髪染めシャンプーとトリートメントがおすすめです。この2つは敏感肌の方でも使用できます。入浴中にシャンプーやトリートメントとして使用するだけですので、準備がいらない分時間の節約になります。白髪染めシャンプーも白髪染めトリートメントも使用回数を自分で調節できますから、コストカットもできます。毎日素手で使えますから、どのような肌の方にも人気です。
特に白髪染めシャンプーは、準備や後片付けがいらず、待ち時間ゼロの白髪ケアですから、手軽に白髪ケアしたい男性に人気です。突然真っ黒な髪色になって周囲に気づかれるのが気になる人は、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントのようにだんだん色が入っていく白髪染めがおすすめです。白髪染めシャンプーで、一般的に色が入る平均日数は、1週間から2週間です。白髪染めシャンプーにはアミノ酸系のシャンプーもありますから、普段使いのシャンプーとしても髪を傷めず最適です。ロングヘアの場合は、使用量が多くなりますから、コスト面では割高になるかもしれません。

自宅で市販の白髪染めを使う

コストを節約するなら、市販の白髪染め用ヘアカラーです。準備や待ち時間やパッチテストなど多少面倒ですが、1回の白髪染めでしっかりと染まりますし、価格もリーズナブルですから人気です。
ヘアカラーやおしゃれ染めは一度髪色を脱色してから着色するものです。脱色と同時に染料が毛髪内に入って、綺麗な色に染まります。髪の色を抜いてから色味を入れるため、黒髪を明るいおしゃれな色にすることもできます。髪のカラーをきちんと変えたい方には評判ですが、髪や地肌へのダメージを伴います。白髪の量が多い場合は、おしゃれ染めで染めるとムラになったり、キレイな色が出なかったりすることもあるそうですから、染める時には気をつけてください。
白髪染め用ヘアカラーやおしゃれ染めなどは、医薬部外品扱いで、ジアミン系の酸化染料が含まれていますから、毎回使用前に必ずパッチテスト(アレルギー試験)をしてください。今までヘアカラーを使っていて、かぶれやかゆみなどの反応がなくても、突然アレルギーの症状が出る場合もありますので注意してください。

自宅で市販のヘアマニキュアを使う

美容室のヘアマニキュアよりもコストがかかりません。ヘアマニキュアは化粧品に分類されていて、ジアミン系の酸化染料を含みませんから、髪や地肌へのダメージは少ないです。ヘアマニキュアは髪の毛に負担をかけずに、キューティクルに染料をコーティングするものです。ヘアカラーやおしゃれ染めのように、髪色を脱色しませんから、毛髪や地肌に刺激やダメージが少ないです。また、髪の毛の表面に着色してコーティングすることで、ツヤ感を出すこともでき、コシも生まれます。仕上がりがサラサラになるのがうれしいですね。
色に関しては、地毛の色よりも明るくなるのは難しく、白髪には自然に色をつけます。髪の毛の内側まで浸透して発色しませんから、洗髪をするたびに少しづつ色落ちしていきます。色持ち期間は、使いシャンプーや回数で個人差がありますが、だいたい2〜3週間です。
また、髪の根元が染めにくかったり、髪の毛が濡れた状態では色落ちする場合もあります。洗髪後に使うタオルは、真っ白なものを避けた方がいいでしょう。
ヘアマニキュアは敏感肌の方(ジアミンアレルギーの方)にも人気です。

2種類以上を併用する

白髪染めをしてから、次の白髪染めまでの期間のケアを別商品でされる方も多いです。例えば、市販の白髪染めと白髪染めトリートメントの併用とか、白髪染めトリートメントと白髪染めシャンプーの併用とか、他にも色々と組み合わせは自由です。白髪染めを長持ちさせる方法はこちら
市販の白髪染めばかりを長年続けていると、やはり髪の傷みが目立ってきます。手触りもゴワゴワのボロボロといった感じになり、鏡を見ると悲しくなります。その状況を回避するために、ヘアカラーとヘアカラートリートメント(または、白髪染めシャンプー)の併用に人気があります。
また、ヘアカラーとヘアマニキュア(または、部分白髪隠し)などの組み合わせをされている方もいます。
市販の白髪染めは、毎日のように使うことはできませんから、伸びてくる白髪の上手なケア方法も取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

【白髪染め豆知識】

白髪染めをするときに重視する点は何でしょうか?
それは仕上がりのイメージと商品の成分・安全性でしょう。仕上がりの髪の色味はとても重要ですが、それと共に成分や安全性もかなり重要視されています。
そのような消費者の要望を受けて、最近の白髪染めシャンプーやカラートリートメントなどには、カラーバリエーションが増えてきているようです。黒だけでなく、ダークブラウン、ライトブラウン、マロンブラウン、ローズブラウンなど白髪染めが楽しくなる色味が選べます。

白髪染めシャンプー口コミ!10日間のリアルな写真ありトップページへ

白髪染めシャンプーの口コミ体験談や、選び方のポイントなどは、トップページから詳細を確認してみてください。人気の白髪染めも紹介しています。

関連ページ

ノーマル肌におすすめ
ノーマル肌(敏感肌でない)の人が白髪染めをする場合はどのような選択肢があるのでしょうか?髪や地肌の傷みがあまり気にならない方におすすめの白髪染め方法をご紹介いたします。
敏感肌におすすめ
敏感肌の人は白髪染めにはどのようなものを選べばいいのでしょうか?髪や地肌のダメージが気になる敏感肌用の白髪染めを探してみました。
お金や時間は問題(敏感肌)
敏感肌の人で、白髪染めに時間やコスト(お金)をかけてもいいという方にはどのような白髪染め方法があるのでしょうか?コストや時間がかかっても敏感肌にダメージがない白髪染めを探してみました。